屋根カバー工法について

2021年6月27日

最近、やたらと多い屋根工事ですが、大工さんからの依頼で、劣化した化粧スレート板パミールの上に
ニチハ横暖ルーフを施工。
P1290017.jpg
P1290047.jpg
色々使ってみての感想は、数ある屋根カバー工法材の中で横暖ルーフが私的には抜群に良いと思う。
仲間内では砂付の金属屋根材を推奨している人もいるが・・・
夏の熱の問題と、日の当たらない北面は水捌けが悪いのと、砂が溜まりやすい為
苔が生えやすいので、いかがなものかと?
 
 
その点、スーパーガルテクと横暖ルーフは日本の気候にはてきしている
ただ、ケラバや棟の雨収まりは少しだけ改善の余地あると思う。
P1270628.jpg
P1270629.jpg
P1270631.jpg
P1270637.jpg
メーカーの施工手順では、この後立ち上がり部の嚙み合わせにコーキングするのですが・・・そこが気になる。
あと、釘も、屋根上は地上とは比べ物にならない風速なので釘では少しずつ抜けてくる可能性があります。
うちは心配なので釘ではなくビスを使用。
※ 横暖ルーフカバー工法は仕入れの関係で、おそらくどこよりも安く工事出来ます。

このページの先頭へ戻る