爺さんに感謝。

2021年8月20日

 

 

きのうきょう屋根の上は暑い(表面温度60~70度)

 

暑さを我慢しながら長時間作業をしていると、暑さで何も考えられなくなり・・・ただ、耐える。

 

そんな時、いつも呪文のように頭に湧いて出てくる言葉がある。

 

 

「玉の汗、辛いつとめにいそしめば、磨く心にひかり輝く」  淨泉(爺さんの俳句名)

 

 

子供(小三)の頃、爺さんが高そうな丸い額縁に入れて、私にプレゼントしてくれたわけの分からない俳句

 

当時は、子供で意味もわからず親にそら覚えさせられてそれっきり・・・

 

ところが仕事をする様になり辛い時には、不思議とこの言葉が奥のほうから出てくる。

 

この言葉が湧いて来た時、辛さは無くなり勇気に代わる。

 

いま自分は光かがやいているのか!?

 

汗、つらさの量が足りないのではないか!?自問自答を繰り返す。

 

もっと、もっと・・・

 

ただ、一心に誠実に仕事に打ち込み心を磨きたいと思う強い意欲が湧く

 

辛い事が楽しい事にかわる魔法の俳句。

 

いま、わたしは爺さんの策にまんまとはまっている様です。(笑)^^

 

草葉の陰で笑っている爺さんの顔がみえるよう。

 

お爺ちゃん、ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る