Y邸 ALC 艶消し塗装改修工事  下塗り工事 編

2022年1月12日

下の写真は、下塗りをしているところです。

ご主人様、奥様は塗っている作業をご覧になって頂いてないと思い、雰囲気だけでもと写真を載せてみました。

下塗り剤は、下地の条件に最も適している下地調整剤を、気温や湿度、仕上げのあがりを考慮し無希釈で使用しています。

・こんな感じで作業しております。

 

・写真でご覧になると、やはり分かりやすいかと思います。

下塗りが仕上がった状態。

・念のために、ご心配のないよう温・湿度計(シンワ製は正確)を使い計測。 条件は十分に満たしておりますのでご安心下さい。^^

 

 

 

1階の東面です。

 

2階の南面。 手前のサッシが養生がしていないのは、空き養生(換気用)です。塗装する時には、手前に畳んであるビニールをカーテンの様に伸ばし養生して、その部分の塗装作業が終わったら又、すぐにたたむ、これを繰り返せるよう細工がしてありますので、網戸やサッシを汚すような事はけっしてございません。ご安心下さい。

 

 

2階の南面です。

 

・2階の北面です。

 

・1階の南面ですが、今度は下から見上げたところです。

 

・下塗り工事が完了。

この後、オープンタイムをしっかりと取ります。 オープンタイムは、簡単に言うと乾燥時間の事、Yさまのお家で使用する上塗り剤は、下塗り剤と同じ粒子の形態ですので、さほど気にする必要は無いのですが念のため。

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る