外壁塗装・屋根の洗浄

 

Y邸 外壁塗り替え工事

サイディングの割れ等を補修し塗装。屋根を洗浄、防水対策を施し塗替え。

工事前   工事後

防水が切れてコーキングが割れてる状態です。

 

このつぎ目は乱貼りといって下に鋧がなく一番漏水しやすい割れです。(メーカーは禁止しています)

割れ方も外壁の防水が切れて割れるもの、構造からくる割れ、シーリングの劣他、シーリングの施工不良、基材とシーリングの相性の悪さから来るもの色々ありますが、キチンと原因を見極めて正しい対処をしないと先々困る事になります。

 

後で目地カバーをつけるので、ノンブリード変成シリコンを使用しヒビを仮で直しておきます。

庇し部分は役物もなく大変漏水しやすい所です。

 

変成シリコン2面接着施工
きたなく見えるのは仕上がったときに補修跡を出さないように散してある為です。なお今後15年以上、この部分は心配ないです。(経験から)

破風板と鼻隠しの出ずみもパックリ割れて釘も飛び出ている状態

 

釘を直して、割れた所を2面接着し釘穴や他のわずかな隙間から水が入るので全てシーリング処理をします。

玄関廻りはサイディングの型が他の壁と違いレンガに近かったので施工方法を変えることにしました。

 

出隅は先々また割れる可能性があるのでアルミアングルを取り付ける予定です

施主さんと相談してエージング塗装でレンガ調にしているところです。

 

どうですか?レンガ調になったでしょう。実際はもっとレンガに近いですよ

塗装が仕上がった部分の写真です。

 

最後にオプションで目地カバーを取り付けました。これで目地が割れて水が入る事は無くなりました。

コロニアルの洗浄前の屋根の状態です。

 

釘が抜け出ていて強風でもあれば笠木のトタンが飛んでいってしまいそうです。見ていて恐いようです。

笠木のコーキングも縁切れている状態。

 

変成シリコンで補修。釘頭も水が入らないように、釘が出て来ない様にしました。

屋根の要である笠木を低い位置から見た所です。

 

笠木を止めている釘のすきまから水が浸入して木が腐り(黒くなっている所)釘がきいていません。

指が入ります。パカパカでとても危険な状態です。強風で飛ばされ人や車に当る事も考えられます。

 

ビスで止めて、絶対にとれないのを確認。念には念をいれます。なにかあったらこれからは私の責任になりますから。

下屋の施工前の状態です。

 

やはり笠木は止まってません。

釘〆めとビス止めをした所です。

 

釘穴から水が入らない様、又、釘が出ていない様、キチンとコーキング処理をしました。

外壁塗り替え1 gaiheki1-29.jpg

この写真は施工後6年目の状態です。
雨で塗れているのとは違いますよ。外壁も見てください。くもっているのに屋根、壁、共にピカピカしています。

 
2012年11月05日

このページの先頭へ戻る

トピックス
営業案内
色選びでお困りの際は、当社のカラーコーディネーターがご相談にのります。
お見積り お問い合わせ リフォームローン 無料相談受付中

日本仲人協会