外壁塗り替え・雨漏り修理

 

I邸 外壁塗り替え・雨漏り修理工事

外壁塗装と合わせて、雨漏りの原因を調査し、細部にわたり対策。

施工前   施工後

テレビのアンテナコードを通す為に開けた穴です。

 

雨水やハチが入ったりするのでシーリングをしました。

破風板の合掌部分や弱い所に割れや隙間が発生しています。

 

この部分は特に応力が加わるので、高弾性のシーリング材を使用し何年たっても割れがない様に施工します。

破風板の取合いもシーリング材が劣化して隙間があいています。

 

既存のシール材を撤去し、高弾性を2面接着で施工します。過去の経験から15年以上は、これで割れはないはずです。

破風板の出隅も同じ様に隙間があいています。

 

同じ様に施工します。塗装した時に補修跡が出ない様に散してあります。

家の一番高い所の破風板と外壁と瓦の入隅も見落としがちな危険な所です。

 

水は、小さな小さな考えられない様な所から少しずつ少しずつ入り恐ろしい事をするのを過去に沢山見て来ました。

パワーボードの目地がパックリ割れていますが、この部分は庇が無いのでとても水が浸入しやすい所です。

 

シーリング材を2回打って長期に備えます。ちなみに、こちらの家のパワーボードの目地は、全目地シーリング施工をし、ベランダやこの様な所は用心の為2回打ってあります。

トヨの裏側も割れていました。使用しているシーリング材が写っていますが、インターネットで是非調べて見て下さい。

 

変成シリコンのNB(ノンブリード)とは汚染が出ない。LM(ローモジュラス)は硬化したときに柔らかいと言う事です。シーリング材の選択は塗料の選択と同じくらい大切なことです。

横トヨの真中が本来なら一番高くなっていなければならないのですが、大雪の為に下がっているのが分かりますでしょうか?

 

勾配調整をして直したところです。

最も高い所のトヨを確認。

 

こちらもOKです。高圧洗浄の時に全ての立トヨを圧をかけ抜くので長年の詰りを取り除きます。

スズメが草等を持込んでいたので掃除しました。

 

今、手に持っている白い液体はペイター20(逆プラ)と言って大工さんやサッシ屋さん等が使うシーリング材の汚染を防ぐものです。笠木の両脇の黒い所と下を塗りました。これを塗ることにより5年10年先もキレイでいてくれるのです。

光っていてわからないですがサッシ廻りシリコン汚染が出ている所、全て塗ります。

 

出隅にも汚染があったので塗ります。

アルミの笠木廻り、入隅等に散布。

 

この入隅もそうです。この他にも沢山あります。この作業はだれも知らないし、やらなくても誰も何も言わないけど自分の為にいつも必ずやります。

建てた時の業者が不注意に使用したシリコンに汚染が出ているヶ所です。これば私には耐えられないんです。私はキレイにしに来てるのですから。

 

施主さんから雨漏れの相談を受けました。新築時から大雨のときは差込みが有り現在まで大工さん瓦屋さんが何回か直しに来たのだけれど直らないので困っているとのこと。

 

さっそく屋根裏に入って見ました。

保温材がキチンと隙間なく敷かれていて見ていて気持が良いです。

 

水が入っている所を確認します。

保温材をめくって見ると下が腐っている様な状態です。さっそく、屋根に上がり、工事をしました。この後、台風や記録的な大雨が降ったのでその度に何回か状況を電話で聞いてみたのですが雨漏れはしないとの事です。よかったです。

 

下塗りのサフェーサーを塗ったところです。

密着を良くする為に一番初めに塗るものです。

 

中塗りの状態です。膜厚を付ける為にもう1度塗ります。

施工前

 

上塗りが済んだ状態です。

施工前

 

メーカーの倍近くの膜厚を付けていますので、艶が違います。

2012年11月05日

このページの先頭へ戻る

トピックス
営業案内
色選びでお困りの際は、当社のカラーコーディネーターがご相談にのります。
お見積り お問い合わせ リフォームローン 無料相談受付中

日本仲人協会